普通科 普通コース 服飾類型

類型の特長

衣生活の多様化による様々な問題に対して、被服製作を中心にデザインや手芸に至るまで、広い視野をもって対処していくための知識や技術を学びます。

  機能性と豊かさの中で失われた「衣服にこめられた人の心」手作りの良さを知り、自己の機能と個性を十分発揮して学習していきます。

特色

被服製作を中心にデザインに至るまで、幅広く専門的に学習する類型です。
服飾専門の大学・短期大学・専門学校への進学及び就職が主となります。

ファッションショー

専門授業で学んだ知識・技術から、創意工夫し個性を生かした作品を製作します。
和服(女物浴衣)に始まり、ブラウス・スカート等を制作し、ベストスーツ・ワンピース・ツーピース・パーティドレス・ウェディングドレス等に取り組みます。
文化祭のメインイベントの一つとして行われるファッションショーでは全員が各自製作した衣装をステージで披露します。また、手芸等の作品展示も行われます。

特別授業等

・学外でのファッションショー
・外部講師を招いての特別授業(ファッション関係等)

取得可能資格等

・全国高等学校家庭科 被服製作技術検定

カリキュラム

類型別の専門教科は、各学年とも午後からの授業となります。
2年生以降は、午前中に各クラス単位で普通科内の共通した一般教科の学力向上を図り、午後は専門教科の授業が展開されます。
そのため1年生では高校の基礎的な学力を充実させることを目標に、一般教科の割合がやや多くなっており、午後の選択授業で専門教科の基礎内容を学習します。

6つの類型

普通コース 普通類型
普通コース 音楽類型
普通コース 美術類型
普通コース 演劇類型
普通コース 体育類型 普通コース 服飾類型