普通科 普通コース 演劇類型

類型の特長

全国でも数少ない演劇専門の類型です。
ことば・身体による表現能力を育成し、上演を通して総合芸術としての演劇の特性を学びます。
演劇・保育系への進学が中心となります。

特色

高校生として基本的な学習を行いながら、国語の立体教育として、演劇に関する専門の科目を学び、調和のとれた、健全な、より望ましい人格の育成を目指します。
演劇の専門科目及び、劇作りを通して自己表現と協調性を身に付け、情操を豊かにし、創造性を養い、芸術文化の発展に寄与する人間を育成します。

特設授業等

実習の成果を披露、また地域活動への積極的な参加のため学外での講演を実施しています。

<学外公演>

幼稚園、小学校、各種施設、地域のイベント等

<卒業公演>

公共施設利用

<外部講師を招いての特別授業>

ストリートダンス等

カリキュラム

類型別の専門教科は、各学年とも午後からの授業となります。
2年生以降は、午前中に各クラス単位で普通科内の共通した一般教科の学力向上を図り、午後は専門教科の授業が展開されます。
そのため1年生では高校の基礎的な学力を充実させることを目標に、一般教科の割合がやや多くなっており、午後の選択授業で専門教科の基礎内容を学習します。

6つの類型

普通コース 普通類型
普通コース 音楽類型
普通コース 美術類型
普通コース 演劇類型
普通コース 体育類型 普通コース 服飾類型